通信制高校・サポート校が不登校の子供を救う

私が考える不登校の原因とその対策

通信制高校・サポート校

「通信制高校」は、働きながら勉強をする人や通学が難しい人など、全日制高校に通えない人のための教育課程です。息子が通う通信制高校不登校やひきこもり、高校中退者などもおられるようです。

通信制高校では自主学習を主としながらも、スクーリング(面接指導)、レポート作成指導を行い、また、高卒に必要な単位の取得、試験のクリアを目指す仕組みとなっています。働きながら勉強したい人はもちろん、不登校の子供たちも自分のペースで勉強して、高校卒業が目指せるのです。そのため、卒業までの期間は最短で3年ですが、長いと5年以上かける生徒もいるそうです。

基本は自宅での学習ですが、スクーリングでは、先生の指導を直接受けることができますので、自分で理解できなかった部分を教えてもらうことができます。教科ごとに出席時間が決まっていて、月に2、3回土日に行われたり、夏季・冬季に合宿形式で行われたりします。登校日があると言っても、登校日数はとても少ないので、学校に行くこと自体にストレスを感じるという子には丁度いいと言えるかもしれません。

また、私立の通信制高校では、単位制を採っているところがほとんどです。これは、自ら立てた学習計画にのっとり、卒業に必要な単位を自分のペースで取得していくという方式です。ですから、留年というシステムはありません。

ただし、自分のペースで学習できて、学校に通う必要もなく、自由なイメージがあるかもしれませんが、高卒取得は決して楽なものではありません。自由であるということは、学習するかどうかは自分次第だからです。勉強をしているか目を光らせている人もいなければ、お尻を叩いて勉強させる人もいません。つまり自己管理能力が問われるわけです。そういったわけで、通信制高校をに在籍する方の全てが卒業を迎えるというわけではないようです。

一人ひとりにあったカリキュラムを作成してくれる

そういうわけで、通信制サポート校の存在が重要になってきます。通信制サポート校とは、通信制高校に在籍する生徒に、3年間で卒業ができるよう単位取得や進級などに必要とされる支援を行う機関です。塾や予備校のイメージが近いかもしれませんね。

ちなみにうちの息子は、家庭教師のトライが運営している、トライ式高等学院というサポート校にお世話になっています。通信制高校に同時入学して、自宅で家庭教師の先生の授業を受けながら、通信制高校のレポート課題をこなしたり、単位取得テストを受けたりしています。また、息子は大学受験を目指しているので、受験に特化したカリキュラムを組んでもらって、それに従って勉強しています。私の息子の場合、受験勉強するのはなかなか難しかったので、経験豊富な家庭教師のトライにお願いしてよかったと思っています。

また、大学受験を目指さなくても、どんな境遇の子供にも1人1人に合ったカリキュラムを作成してくれます。希望があれば声優体験や英会話や演技体験などもできます。いろいろな体験を通して将来のことを考えるきっかけを作ってくれるというのもトライ式高等学校の魅力ではないかと私はおもいます。

ただし、通信制サポート校は学校教育法で「高等学校」とは認められていませんので、サポート校だけでは単位を取得できません。そのため、大半のサポート校は通信制高校が提携していて、通信制高校と通信制サポート校と同時に入学することになるようです。

>>>不登校だった私の息子がお世話になった通信制高校(トライ式高等学院HPへ)

HOME » 子供の受け入れ先をどう選ぶか » 通信制高校・サポート校
知っておきたい!不登校の原因