不登校留学がいいって本当?不登校の克服法

私が考える不登校の原因とその対策

留学

日本の学校にも行けなくなってしまった子が、海外留学なんてできるはずがない…このように考える親も多いと思いますが、実は意外とそうでもなく、ケースもあるようです。日本の教育制度が合わなくて、海外の方が合っていたり、新しい場所で状況を変えて人生をリセットしてやり直しやすかったりするのかもしれませんね。欧米の学校へ進学

周りの目が気にならない環境で、日本では抑え込んでいた個性が開花する可能性もあります。また、親から離れて暮らすことで、コミュニケーションを取らなければ生活していけませんから、いやでも他人と交流しなければならない状況になるという側面もあるのかもしれません。

ただし、中卒や高校を中退した子が留学した場合は、留学先の海外校から高卒の資格を得ることになります。海外から付与された高卒の資格は日本では通用しません!留学後に帰国し、日本の大学を受験しようとしたら、高卒という受験資格を満たしていないことになってしまいます。帰国後に進学したいと思っているのであれば、日本の高校に籍を置きながら留学したほうが良い場合もありますので、きちんと調査をしましょう。

どこに相談すべき?

また、中学生や高校生の留学はなかなか珍しいですよね。何のサポートもなく海外へ行かせるということはリスクがありますので、専門家に相談することをおすすめします。留学先の受け入れ状況は?治安や環境は?教育制度は?確認しなければならないことは膨大。間違いなく、しかも効率的に解決するには専門家に相談することが良いのではないかと、個人的には思います。留学支援を専門にしている学校やエージェントがいるので、実績や評判などを調べて相談に行ってみるといいでしょう。

先ほど、高校に在学しながらと書きましたが、高校在籍中の留学は、帰国後に復学も可能です。日本の高校に在籍している生徒が1年未満の留学をした場合は、留学先での履修の一部を単位として認めてもらえます。ただし、学校により制度の違いがありますので事前に確認を。

通信制高校に在籍しながら留学する方法も

欧米文化の中で学ぶ通信制高校に通いながら海外留学するという方法もあります。通信制高校では、海外での履修を30単位まで認めています。よって、このような方法を採る人もいるようです。

通信制高校のなかには、海外留学に関連したコースを設置しているところもあるんです。海外で単位を取得し、帰国後残りの単位を取得すればいいので、高卒の資格取得もスムーズです。

>>>通信制高校・サポート校について

特別枠の利用も視野に入れて

あとは、大学の帰国子女特別入試という特別枠を利用するのも手ですね。ただし、特別入試枠のある大学のみに限られます。帰国子女特別入試の受験資格は、日本の高校卒業や高卒認定資格などが必須条件にないことがもあるようです。

その他、海外の高校を卒業した後、そのまま現地大学へ進学したり、就職したりすることも考えられますね。

>>>息子が不登校の時、私が行ったこと

【不登校の受け入れ】で参考にしたサイトをご紹介させていただきます

知っておきたい!不登校の原因