学校に通えなくても卒業資格が得られる~中卒・高卒認定試験

私が考える不登校の原因とその対策

中卒認定試験・高卒認定試験

「中卒認定試験・高卒認定試験」とはそれぞれ、やむを得ない理由で中学・高校を卒業していない方に対して、中学・高校卒業程度の学力があるかどうかを認定する試験のことです。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

(1)中学認定試験

テスト用紙病気などのやむを得ない理由で義務教育を猶予または免除された子供に対して、中学校卒業程度の学力があるかどうかを認定するテストです。年に1回国が実施していて、合格者には高校入試を受ける権利が与えられます。

ただし、実際に、不登校を理由に中卒認定試験を受けることはほとんどありません。学校に通えなくても、不登校で卒業できないということがまれなケースだからです。中学校までの義務教育は親や学校が子供たちに教育を受けさせる義務があり、不登校を理由に卒業させないというケースはもしかかすると少ないのかもしれません。

また、学校の授業に出られなくても、場合によってはフリースクールや適応指導教室に出席することで、中学校の出席に変えることもできます。もちろん、その際には学校への報告や相談、連絡を密に行うなど親と学校の協力は必須です。

(2)高卒認定試験

学校の校舎高校は義務教育ではないため、当然ながら出席日数が足りなければ卒業することはできません。しかし、さまざまな理由で高校を卒業できなかった人に対し、高校を卒業した人と同等以上の学力があるかどうかを認定するためのテストはあります。

高校は義務教育ではありませんが、大学や短大、専門学校の受験には、高校卒業資格が必要になります。このように、高校の卒業資格を持っていない子供たちは、その後の進路が制限されてしまうのです。

ただし、高卒認定試験に合格しても、その後、進学しなければ学歴は中卒のままです。ですから、子供の将来を考えた時、どうすればいいのかということをそのあたりは頭に置いておけなければなりませんね。

【不登校の受け入れ】で参考にしたサイトをご紹介させていただきます

HOME » 子供の受け入れ先をどう選ぶか » 中卒認定試験・高卒認定試験
知っておきたい!不登校の原因