不登校の受け入れ先の選び方 失敗しないためのポイント

私が考える不登校の原因とその対策

子供の不登校の受け入れ先の選び方

子供に教育を受けさせる方法はいろいろあると思います。また、子供たちを受け入れてくれる機関や支援制度はたくさんあります。そう思えばもっと子供の環境をつくってあげる選択肢が広がるはずです。ここでは、不登校の子供たちを受け入れてくれる場所を調べて紹介していきます。

プロ家庭教師と学生家庭教師

ひきこもりの子どもを受け入れてくれる機関家庭教師はマンツーマン指導となるので、ひとりひとりの状況と向き合うことが可能です。集団での学習と違うので、理解できなければ、理解できるまで徹底的に質問することもできます。家庭教師といってもいろいろありますので、ここでは私たちがお世話になった家庭教師を紹介したいと思います。

>>>不登校だった息子がお世話になった家庭教師(トライ式高等学院HPへ)

フリースクール

フリースクールとは、学校に行けない子供たちを受け入れる機関や施設として、子供たちの大切な居場所という役割を担っています。フリースクールは学校ではないため、フリースクールで学んだからといって小学校や中学校を卒業したことにはなりませんので、小学校や中学校に籍を置きながら通う必要がありますし、どのような目的で利用するのかによって選ぶフリースクールは変わってきます。

>>>フリースクールについて

通信制高校・サポート校

通信制高校は働きながら勉強をする人や通学が難しい人など、全日制高校に通えない人のための教育課程ですが、現在はひきこもりの生徒などが在籍するケースもあるようです。
通信高校は自主学習を基本にレポート作成、スクーリング(面接指導)、試験をクリアすると高校卒業に必要な単位を取得するという仕組みになっています。全日制と比べると登校日数は格段に少ないため、学校に行くのが苦手な人には負担が少ないというメリットがあります。

>>>不登校だった息子がお世話になった通信制高校(トライ式高等学院HPへ)

山村留学

山村留学の受け入れ山村留学とは、自然豊かな農村など自然豊かな場所に1年単位で移り住み、地元の小中学校に通いながら生活を送ることです。親元から離れて暮らし、自然のなかで暮らすことで子供たちの生きる力を育むのが目的。おもに都会の小中学生を受け入れることが多いようです。山村留学は長期にわたるため、参加の前には見学や事前学習が推奨されています。それから、地域の方や指導員ときちんと話し合うことも重要です。

>>>山村留学について

中卒認定試験・高卒認定試験

病気などのやむを得ない理由で義務教育を猶予または免除された子供に対して、中学校卒業程度の学力があるかどうかを認定する試験が中卒認定試験。高校は義務教育ではありませんが、大学や短大、専門学校の受験には、高校卒業資格が必要になります。しかし、さまざまな理由で卒業できなかった人に対し、高校を卒業した人と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験があります。

>>>中卒認定試験・高卒認定試験について

留学

留学の受け入れ先ひきこもりや不登校などの子供が海外留学をしてうまくいくのか、なんて思ってしまいがちですが、これが意外とよい成果をあげることがあるそうです。周りの目が気にならない環境で日本では抑え込んでいた個性が開花する、なんて可能性もあるのかもしれません。ただし、中卒の子供や高校中退者が留学する場合は留学先の高校卒業を目指すことになり、高校卒業資格は海外校から付与されることになります。海外から付与された高卒の資格は日本では通用しませんから、帰国後の進路を見据え、対策を練っておく必要があります。

勉強する意欲のある子どもの受け入れ先子どもの笑顔を取り戻す受け入れ機関子どもの自主性を育てる子どもを受け入れてくれる機関

>>>不登校の留学についてメリットと注意すべき点

【不登校の受け入れ】で参考にしたサイトをご紹介させていただきます

コンテンツ一覧

家庭教師による個別授業
受験対策のためだけだけでなく、不登校の子供たちのための家庭教師がいるのをご存じですか?
フリースクール
不登校など学校に行けない事情をもった子どもたちをサポートする機関や施設、フリースクールについて解説。
 

通信制高校・サポート校
全日制高校に通えない人のための教育課程、通信制と、その勉強をサポートするサポート校についての解説。
山村留学
自然豊かな農村などに1年単位で移り住み、地元の小中学校に通いながら生活を送る山村留学について解説。
 

中卒認定試験・高卒認定試験
中学・高校卒業程度の学力があるかどうかを認定する試験、中卒認定試験・高卒認定試験について解説。
留学
不登校から立ち直るきっかけになるものとして、留学の可能性を解説していきます。
 

HOME » 子供の受け入れ先をどう選ぶか
知っておきたい!不登校の原因