不登校児の勉強をサポートするフリースクール

私が考える不登校の原因とその対策

フリースクール

子供たちを受け入れる教育機関「フリースクール」とは、不登校など学校に行けない事情をもった子供たちをサポートする機関や施設のことです。

といっても学校ではありませんから、ここで学んでも小中学校の卒業資格は得られません。よって、通っていた学校に籍だけは置いておく必要があります。ただし、昔はフリースクールに通って、学校に通わないと欠席扱いになっていましたが、今は、フリースクールに通う場合でも、学校に学習状況の報告をしたり、一定の条件を満たせば学校に通っていることが認められるケースもあるようです。

フリースクールは、基本的に学校に行けなかったり、行かなかったりする子供たちに居場所を提供して、学びたいという気持ちをサポートする機関です。規模も形態もさまざまですが、この目的は変わりません。

また、フリースクールでは普通の小中学校のように時間割があって、決まった機関で勉強が進んでいくということはありません。一人ひとりに合った学習法を取っていることが多く、少人数制や個人指導を中心にしています。また、科目の勉強だけでなく自然体験や農業体験、陶芸、調理実習などを行っているところもあります。

学校に戻る手助けをするフリースクールも

学校に戻れるスクールすべてのフリースクールは学校に行かない、または行けない子供たちの居場所としての役割をもっています。ただし、どのような目的で利用するのかによって、選ぶ場所も変わってきます。

学校への復帰を目指す目的のフリースクールもあります。学校に戻ることを前提に、一時的に通い、勉強についていけるように学習指導してくれます。また、それだけでなく、以前通っていた学校と連絡を取り合ってスムーズに学校に戻れるように手助けしたりします。

他には、フリースクールにさえも通えない子供のために、自宅に通うスクール、医療機関と連携しているスクール、寮などで共同生活をしながら生活からサポートするスクールなどがあります。子供の状況や、将来の目標に合ったスクール選びが重要です。

HOME » 子供の受け入れ先をどう選ぶか » フリースクール
知っておきたい!不登校の原因