不登校の原因 日本の教育の特徴

私が考える不登校の原因とその対策

日本の教育制度に関して私個人が考えていること

ここでは、日本の教育制度に関して、私個人が考えることをまとめました。

教育環境について

今の子どもたちは、受験や就活など様々なストレスとともに過ごしていることを否定できません。

ゆとり教育の導入など教育のあり方への見直しや様々な取り組みが行われていますが、教育環境を大きく変えることは個人の力では難しいでしょう。

教育にはさまざまな方法があります。親としては、勉強したいという意欲を持つ子供たちに対して、幅広く選択肢を用意してあげることが大事なのではないかなと、思います。

家庭や親への反発

子どもが不登校になった時、親に複雑な感情をもっていると日本の家族環境
子どもはなかなか親の言うことを聞いてくれないかも知れません。
私と息子の関係もそうでした。私はどちらかというと教育熱心な母親だったと思います。何かと言えば「勉強ができなければ将来いい生活はできない。だから勉強をがんばりなさい」と言っていたように思います。不登校になって、私が無理やり学校に行かせようとしたら、その日以来、まったく私のいうことを聞いてくれなくなりました。

私は、子供とどんな関係性を築いていたのだろうと改めて振り返りました。明確な目標ももたせず、上からただ「勉強しろ」と言っていただけでした…。他の子どもと遜色ないよう、おこずかいもあげて、おもちゃも与えて、塾にも習い事にも行かせて、これだけやっているのだから、親としての責任はしっかり果たしていると錯覚していました。

コンテンツ一覧

教育環境
子供にいろいろな教育の選択肢を用意することが親として大切だと思っています。
親の対応
子供を押さえつけるのではなく、子供自ら考える機会を与える。
 

EQと教育制度
頭の知能と心の知能、両方のバランスをとることが大切だと解説しています。
 

HOME » 日本の教育制度の問題点
知っておきたい!不登校の原因