さまざまな不登校の原因ときっかけと解決方法

私が考える不登校の原因とその対策

不登校の原因ときっかけ

一言に「不登校」といっても、その原因はさまざま。このページでは不登校のきっかけと、その解決方法について解説しています。
「不登校」といってもその原因はさまざまだと思います。
こちらのカテゴリーでは、不登校の原因と私が考えるものをいくつか挙げ、それぞれ私個人であればどのような対応が可能と考えるのか、ということについてまとめています。

考えられる不登校の原因について

※個人的に調べた内容ですのであくまで参考程度に留めてください。

原因1:友達関係

一概には言えませんが、この手の対応としては、友達づきあいから変わってしまったから問題になってしまったと安易に考えず、まずは、子どもの心にある根本的な原因を探ることが大切なのではないでしょうか?そしてその時の友達グループと引き離すことも大切。すぐに仲間に入れてくれるけど、抜けると嫌がらせを受けるなんてこともあるかもしれません。そばで見ていて、あまり素行がよくないな、と自分が感じるようなグループの仲間たちに接触させないようにするのも必要です。

>>>友達関係の変化がきっかけで不登校になる原因について

原因2:家庭の問題

家庭の問題がきっかけで不登校につながるケース父親がリストラになってしまった、両親が離婚してしまったなど、家庭環境の変化が原因で不登校になるのはよくあることです。それから、親の不和もそうです。子供にとって、自分の親が喧嘩ばかりしているのを見るのほどつらいことはないのではないでしょうか。子どもは親の気持ちを、親本人が思っている以上に敏感に感じ取っているということは間違いないと思います。

>>>家族環境がきっかけで不登校になる原因について

原因3:いじめ

親にできることはまず、担任の先生にお子さんの学校での様子やいじめの状況を聞いてみて、一緒に対策を練っていくことだと思います。でも、親御さんが学校の先生に相談していて、それがいじめている子の耳に入ってしまって、何かいやなことを言われたり、見えないところでいじめがさらに悪化してしまったり…なんてことにもなりかねません。だから、もし行動を起こすのであれば、子どもにどんな影響を与えるのかをしっかりと考え、慎重に行動することが重要です。

>>>いじめが原因による不登校について

原因4:本人の問題

友達にちょっとしたことでからかわれたことを気に病んで学校に行けなくなったなんてケースもあります。それまで、みんなと同じくらいの成績で、何においても平均的な能力を発揮していたのに、少し勉強が遅れたことがきっかけで、学校に行けなくなるケースもあります。きっかけの大小はあっても、精神的なダメージを受けて、学校に行きたくても行けないケースがあるんです。学校に行こうとすると吐き気を催して、体調が悪くなるなんていう不登校の子供もいます。このような場合、「行かない」のではなく「行けない」という状態なのかもしれません。無理に学校に行かせようとするのは逆効果場合もあるかもしれませんので、子供の状態に合わせて、行動するのが良い
かもしれません。

>>>本人が原因による不登校について

原因5:病気

病気がきっかけで不登校につながるケース病気で長期療養していて、復帰後に学校に行けなくなるケースというのが多いそうです。いざ学校に復帰したら、勉強についていけない…。学校ではすでに仲良しグループができていて、自分の居場所が見つけられなくて浮いた存在になってしまう…。何より不安なことは、勉強の遅れなのではないかと思います。こうした子どもたちは、学校に行けなくて、さらに勉強が遅れていき、勉強が遅れることでさらに学校に行きづらくなるという悪循環に陥ってしまいがちです。
まずは勉強を追い付かせることで、自信を取り戻させることが重要なのではないかと思っています。

>>>病気が原因による不登校について

コンテンツ一覧

友達が原因で起こる不登校
友達が原因でとなるケースについて、私個人が考えること。
家庭が原因で起こる不登校
家庭環境が原因となるケースについて、私個人が考えること。
 

いじめが原因で起こる不登校
いじめが原因となるケースについて、私個人が考えること。
本人が原因で起こる不登校
本人に原因となるケースについて、私個人が考えること。
 

病気が原因で起こる不登校
病気が原因となるケースについて、私個人が考えること。
 

HOME » 不登校の要因
知っておきたい!不登校の原因