病気が不登校をもたらす?学校に行かなくなる意外な原因

私が考える不登校の原因とその対策

病気

不登校の原因が病気にある場合、どのような対応が考えられるでしょうか。

病気を患い長期にわたって休学していた場合、治った後も学校に行きたくなくなるというケースが割と多いようです。治療のために休んでいた1年の間に、勉強はうんと進んでおりまったくついていけなくなっているし、学校ではすでに仲良しグループができていて、自分の居場所が見つけられない…というようなことがあるからです。

もっとひどいと、かわいそうなことに、クラスの子から病気のことでからかわれるなんてこともあるそうです。体の問題という、学校に行きたい、学びたい、みんなと仲良くしたい、でもできない…。その葛藤に折り合いが付けられず、学校に行けなくなってしまった子供を責めることはできませんよね。

また精神的な理由で不登校になることも

精神的な病気で学校に行けなくなる子供もいます。最近ではこどものうつ病が話題になっていたりもします。うつ病は立派な病気です。心が弱いからうつ病になるなんて、これだけ問題になってもそう思い込んでいる人が多いのはとても残念ですが、うつ病になる原因かもしれないことは本当に様々なようで、たとえば生活リズムの乱れや、食生活の乱れなどから、眠れなくなったり、疲労感が抜けなかったり、食欲が減退したりすることも原因として考えられます。

こういった場合には、家族だけで解決しようとせず、お医者さんにかかるのが一番です。

これは、たまたまで極端な例かもしれませんが、子供のうつに悩んでいた方でも、病院に通うようになったらピタッとおさまって、「こんなにすぐに解決できるのなら、もっと早めに行っておけばよかった」なんで話も聞いたことがあります。

精神的な病気を抱える子供このようなケースに陥る子たちは、学校に行きづらいがために欠席が増え、その結果、勉強がさらに遅れていきます。そして、勉強が遅れることにより、ますます学校に行きたくなくなるという負のスパイラルに陥ってしまう可能性があります。私は、学校にまた通えるようになるには、まず自信を取り戻すことが大切ではないかと思っています。そして、自信を取り戻すための方法の一つが、勉強を追いつかせることだと私は思います。たまたまかもしれませんが、私の息子の場合はそうでした。

それを、子供本人の努力に任せるのは酷なことではないでしょうか。私の息子の場合は、個別の能力に合ったマンツーマンの教育をしてくれる、家庭教師に勉強を見てもらうことにしました。勉強に自信がないというのは、勉強が本業である子供にとってもっともつらいことだと思いますから。

HOME » 不登校の要因 » 病気
知っておきたい!不登校の原因